B/Sスパンゲは巻き爪の治療・矯正

足爪の巻き爪により歩くときに靴に当たり痛くて歩くのもいやだってときありますよね。
でも手術までして巻き爪の治療をするのは怖いなーと思っている人には朗報ですよ。
このドイツ生まれの巻き爪の矯正システムでB/Sスパンゲと言います、これは巻き爪治療特に足の爪の食い込みに対する爪の矯正システムです。とりわけ爪の食い込んで痛い場所の爪に直接装着するのにとても適しています。このB/Sスパンゲを固定する為に、爪の外側のへりの下に押し込んだり爪を削ったりする必要がまったく無くとても簡単に装着できるからです。

このB/Sスパンゲは特殊な透明のプラスチック製の平らなスプリングになっているのが特徴です。スパンゲの表面全体は足の爪の表面に装着するように作られて平らで細長な板状になっています。このスパンゲを爪の表面にあてがうことによってスプリングの力が爪の巻き込みとは反対に力がかかり爪を伸ばしてくれますので、爪のある部分だけを強く圧迫してしまう様な事は有りません。

それにB/Sスパンゲの爪への装着にはごくわづかな時間ですみます、かつ簡単にスパンゲを固定することができてしまいす。爪の根本の方もこれによって影響を受て爪が広がり、巻き爪が良くなると共に、すぐに巻き爪による痛みを和らげる治療効果かがあります。また続けてこのスパンゲを使うことで爪の甲が広がり平らな爪になります。
また周囲の皮膚を切ったり、傷付けたりすることが無く安心してB/Sスパンゲの矯正治療が受けれます。

それに大多数の方々がスパンゲ装着直後に巻き爪の痛みから解放されるとの事です。
手術後再発してしまった方やその他の巻き爪矯正方法で治療して再発した方にもこのB/Sスパンゲ矯正方はとても有効な治療法です。

B/Sスパンゲ矯正方法と同時に爪の切り方や、足に合った靴選び、日常生活での注意点など、また爪の手入れがいかに大切かをご理解いただくためのカウンセリングもして下さるそうです。また巻き爪の再発を防ぐためにも毎日の予防への努力をしていただく事が大切です。


巻き爪矯正の期間は平均4ヶ月〜6ヶ月 装着中は爪の伸びに従ってそのまま放置が可能なため、日常生活でも支障が出ることはありません。それにお風呂も入し、靴も普通に履けます。


痛みに対しての速効性があり、B/Sスパンゲ装着期間は3週間〜4週間 で装着後短期間で痛みを軽減させる事ができるのが特徴です。また、継続して続ける事になりスパンゲの交換サイクルは1ヶ月に1回
張替えをする事によって巻き爪そのものを平らにさせる効力がある。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。