巻き爪の治療法とは

爪の両端が横方向の内側に向かって巻いてしまい、足の爪が皮膚に食い込み強い痛みを引き起こしてしまう巻き爪。
特に足の親指に多く発生する巻き爪ですが、足の他の指や手指の爪でも起ります。
軽い巻き爪の場合、その症状に気がついていない人が多いようですが、実は日本人の10人に1人実に多くの人が巻き爪になっています。
また、現代人の巻き爪は靴社会が作ったと言われています巻き爪は、特に若い女性に多く見られますが、女性特有の病気と言う事はなく男性にも巻き爪は発生しています。
巻き爪の原因は様々ですが、赤ちゃんなど幼児が巻き爪になるケース
も現れているので、老若男女に問わず巻き爪は起こる病気だとの認識が必要です。さて、この巻き爪の治療法ですが、どんな病気でも同じですが軽度の巻き爪の治療と重度の巻き爪の症状とでは治療法も異なります。
巻き爪は爪の角を切ることで一時的な痛みをとることはできますが、深爪や爪の切り方で巻き爪の原因になる場合が非常
に多いので注意が必要です。
やはり爪切りで一時凌ぎの処置ではなく、完治する為の治療や巻き爪の矯正や手術を行うことの方が好ましいです。
軽度の軽い巻き爪であれば、コットンパッキングという巻き爪の治療方法も効果があります。
変形がきつい巻き爪の痛みを和らげる方法としてもコットンパッキングが効果的です、こちらの場合も巻き爪に対して一時凌ぎに過ぎませんので、ひどい痛みを伴なう巻き爪の場合は早急に医師の診断を受け正しい巻き爪の治療を受けることをオススメいたします。
一般に病院での巻き爪の治療法には、ワイヤーやプレートを利用して巻き爪を矯正する保存的治療法や既に激しい痛みがあるなどの場合に
は手術を伴なう外科的治療法があります。
ワイヤーによる矯正は痛みがなく入院する必要がありませんが、治療は長期的になるため費用と時間がかかります。
外科処置はやはりかなりの痛みが伴なうようです。
但し、残念ですがどちらの治療法も巻き爪が再発してしまう事がありうるので治療後の巻き爪の予防が大切になります。

巻き爪について        

食い込んだ爪の方を切ってしまうのはあくまでも対症療
法で、根本的治療にはならないようです。
具体的にどうするかというと、爪を矯正することです。
どんな方法かというと、巻いた爪に小さな穴をあけ矯正
用のワイヤーを入れる方法です。ただしこの方法だとか
なりの時間が要します。巻いてしまった爪を取り除く手
術を受ける方も多々いるようです。しかし、やっと伸び
てきた爪が再び巻いてしまうといったケースがあるよう
です。手術を受ける前に爪を矯正してみてはいかがでし
ょうか。これについて詳しいことは、病院に行って専門
の先生にお尋ねになったほうが手っ取り早いです。
☆巻き爪を予防するには?
今、巻き爪でないあなたもケアの仕方次第では巻き爪に
なる恐れがあります。そうならないためにも普段から注
意すべきことがいくつかあります(以下3つ)。

1.爪を切るときに深爪をしない。

2.窮屈な靴を履かない。靴選びはデザインだけではあ
  りません!!履き心地がよく、ゆとりのある靴を選
  びましょう。

3.爪をぶつけない。

このような事に注意しているだけで巻き爪予防になります。

タグ:矯正 巻き爪

巻き爪 原因

巻き爪は特に親指に起こりやすく、爪の側縁の先端が指に食い込み、周囲の皮膚が炎症を起こす原因になり。
巻き爪が原因で指の炎症が化膿すると痛みが生じ、歩けなくなることもあります。
特に女性はハイヒール等をはくので外反母趾に成りやすく巻き爪の原因になります。
また深爪、靴による圧迫、白癬菌の感染による爪の変形などが原因になります。
キツイ靴やハイヒールの様なつま先を圧迫するような靴は避けるようにしましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。