足の病気

まず、お年寄りをじっくり観察するところから始まります。毎日見る必要はありませんが、下記のリストを参考に、ときどきチェックしてみてください。

●足白癬(水虫)
白癬菌の感染が原因の病気。皮膚炎のひとつでかゆみのあるものとないものがある。足白癬には主に次の3種類がある。

□趾間型白癬 指の間の皮がむけ、角質が厚くなって白くふやける。びらん状になることもある。
□小水疱型足白癬 足底や足側縁にかけて鱗屑を付着した小水疱やのう胞が多発。強いかゆみを生じる。
□角質増殖型足白癬 足の裏全体の角質が厚くなり、鱗屑や亀裂を生じる。
放置すると症状が悪化し、爪や手、体部などへ感染が広がり、細菌感染症が併発することもある。また、スリッパ、足拭きマットなどから他人へ感染することもある。疑いがある場合は皮膚科を受診しましょう。


--------------------------------------------------------------------------------
● 蜂窩識炎(ほうかしきえん)
皮膚が赤くなり、腫れたり、膿が出て、痛みも生じる。糖尿病、足白癬、外傷、やけどなどから黄色ブドウ球菌や化膿性レンサ球菌の感染が原因。


--------------------------------------------------------------------------------
● ひょう疽
爪の周囲の炎症で、巻き爪、深爪、外傷、慢性の刺激を伴う。爪の周囲が赤く腫れ、膿、熱感、痛みが生じる。黄色ブドウ球菌などの感染が原因。


--------------------------------------------------------------------------------
●外反母趾
親指が外側に「く」の字型に変形。親指の付け根が外側に張り出してくる。最初は痛みが強いが、痛みが治まるので放置されることもある。主に足に合わない靴を履くことが原因。


--------------------------------------------------------------------------------
● 内反小趾
外反母趾とは逆に小指が内側に入り込むように曲がる。


--------------------------------------------------------------------------------
● ハンマートゥ
足指先の関節が曲がった状態。
先の細い靴や小さい靴で足先が圧迫、逆に大きすぎる靴を履いてバランスをとろうと指を曲げることでも起きる。


--------------------------------------------------------------------------------
● タコ
皮膚の肥厚。圧迫や摩擦が原因。


--------------------------------------------------------------------------------
● ウオノメ
ウィルスが原因の良性のできもの。痛みや炎症を起こす。

タコ・ウオノメは皮膚への圧迫を取り除けば次第に消えていく。削る人もいるが、削っても完治しにくい。専門医の治療が必要。糖尿病の人は小さな傷から感染症を引き起こす場合があるので要注意。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。