爪の病気

健康な爪はピンク色をしていますが、加齢によって濁った色になったり、肥厚し、乾燥しやすくなるなど変化します。爪の変化は老化だけではなく、病気が潜んでいる場合もあります。

● 爪白癬(爪水虫)
健康な爪はピンク色をしているが、爪白癬になると白く濁って、やがて厚く、もろくなる。爪白癬の正体は、白癬菌というカビの一種。そのエサになるのがケラチン。爪の主成分はケラチンなので、白癬菌にとって爪は格好の住みかとなる。爪白癬を放置しておくと病状が進行し、爪がボロボロになってしまう。内服薬と外用剤で治療を続ければ完治するので、気づいたら早めに受診する。


--------------------------------------------------------------------------------
● 爪のカンジダ症
爪周囲に炎症を伴う「爪周囲炎」から始まり、爪甲や爪床にカンジダ真菌が侵入して、爪甲の栄養障害をきたす。白色の線状が見られる。炎症が慢性化すると、爪甲がでこぼこし、横溝や変色を生じる。


--------------------------------------------------------------------------------
● 巻き爪
親指に起こりやすく、爪の側縁の先端が食い込み、周囲の皮膚が炎症を起こす。炎症が化膿すると痛みが生じ、歩けなくなることもある。
外反母趾に多く見られる。深爪、靴による圧迫、白癬菌の感染による爪の変形などが原因。


--------------------------------------------------------------------------------
● 厚硬爪
爪の甲が大きく、厚く硬くなる。変形、色の混濁も見られる。
靴による圧迫、足の変形、内臓の病気などが原因。


--------------------------------------------------------------------------------
● 爪甲鉤弯症 そうこうわんしょう 
爪の色が黒っぽくなり、厚くなる。親指または第二趾に見られる。
原因は靴の圧迫、やけど、がん、遺伝など。


--------------------------------------------------------------------------------
● 爪甲萎縮
爪の甲が小さく、薄くなるので、はがれやすくなる。
栄養障害、皮膚疾患、内臓の病気が原因。


--------------------------------------------------------------------------------
● 爪甲軟化症
爪の甲が蒼白で異常に薄く柔らかくなる。曲がりやすい。内臓の病気、薬の副作用、神経障害、栄養障害によるケラチン不足などが原因。


この記事へのコメント
海外に住む孫の足爪の色が黄色です。
10ケ月の女の子ですがとても元気です。
ご教授願います。以上
Posted by 児玉忠征 at 2010年03月02日 12:17
この記事のコメントを削除願います。
Posted by 児玉 at 2012年06月23日 20:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/86108380

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。