爪のカンジダ症

爪周囲に炎症を伴う「爪周囲炎」から始まり、爪甲や爪床にカンジダ真菌が侵入して、爪甲の栄養障害をきたす。白色の線状が見られる。炎症が慢性化すると、爪甲がでこぼこし、横溝や変色を生じる。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。