爪白癬(爪水虫)

健康な爪はピンク色をしているが、爪白癬になると白く濁って、やがて厚く、もろくなる。爪白癬の正体は、白癬菌というカビの一種。そのエサになるのがケラチン。爪の主成分はケラチンなので、白癬菌にとって爪は格好の住みかとなる。爪白癬を放置しておくと病状が進行し、爪がボロボロになってしまう。内服薬と外用剤で治療を続ければ完治するので、気づいたら早めに受診する。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。